TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

なかなか消えない!油性ペンの「種類別」落とし方まとめ

なかなか消えない!油性ペンの「種類別」落とし方まとめ

子供が油性ペンで壁やカーテン、ソファーやフローリングに落書きをしてしまった…。

その時の気持ちといえば「絶望」の2文字だと思います。

他にも机の上で油性ペンを使ったら机についてしまった…。

油性ペンで布に名前を書いていたら間違えた…。

飲み会で眠ってしまったら油性ペンで落書きされて落ちない…。

などなど油性ペンにまつわる失敗談はたくさんあります。

そんな時どうしてますか?

諦める?

ちょっと待って!諦めるのはまだ早い!

実は、油性ペンの汚れもある工夫をすれば消すことができるんです。

今回は、油性ペンの失敗をなかったことに出来る、それぞれのケースの油性ペンの落とし方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

洋服やカーテン、肌などについた油性ペンの落とし方

消毒用エタノール

布についた油性ペンを落とす1番適切な方法は「消毒用エタノール」と言われています。

まず、汚れた部分に消毒用エタノールを染み込ませます。

その後、不要な布を2枚用意し、油性ペンで汚れてしまった布の部分の表と裏を挟み、インクの汚れがなくなるまで叩いていきます。

薄くなるまで数回繰り返したら、布を洗濯しましょう。

クレンジングオイル

消毒用エタノールが1番油性ペンを落とすのにはいいと言われていますが、なかなかご家庭に常備していませんよね。

そんな時にはお化粧を落とす「クレンジングオイル」の出番です。

お化粧には「油性」のものが多いので、クレンジングオイルには「油性」を落とす成分が入っています。

中でも「乳化剤」という成分が特に油分を落としてくれるので、乳化剤が入っているクレンジングオイルを選びましょう。

落とし方は消毒用エタノールと同じです。

汚れを落とす時にゴシゴシとこするようにしてしまうと、布の色が変わってしまう場合があるので注意して下さいね。

顔やお腹に落書きをしてしまった場合もクレンジングオイルが効果的です。

その際は優しくお肌を傷つけないように、くるくるとマッサージするように円を描きながら油性ペンの汚れを消していきましょう。




床や机、物についた油性ペンの落とし方

マーガリンをつけてこする

先ほどクレンジングオイルで説明した「乳化剤」がマーガリンにも入っています。

床などについた油性ペンの汚れの場所に直接マーガリンをつけ、汚れを浮かせるように雑巾で撫でてください。

その後、濡らして絞った雑巾で拭き取りましょう。

多めのマーガリンを使うのがポイントです。

タバコの灰

たばこの灰も油性ペン汚れを落とすことができます。
濡らして絞った雑巾にタバコの灰をつけます。

その雑巾でゴシゴシと擦るよう汚れた部分を拭いてください。

汚れが落ちたら別の雑巾で残った汚れと灰を拭き取ります。

フローリングに溝がある場合は、灰が中に入ってしまうことがあるので注意して下さいね。

レザーのソファーなど革製についた油性ペンの落とし方

消毒用エタノール

革製品についた油性ペンの汚れは、布と同じで「消毒用エタノール」、もしくは「消毒用アルコール」で落とすことができます。

消毒用エタノールかアルコールを濡らして絞った雑巾に垂らし、油性ペンの汚れがついた箇所をこすってください。

数回繰り返したら綺麗なタオルで汚れていた箇所を拭き取りましょう。

油性ペンの汚れは落とすことができる!

諦めていた油性ペンの汚れは落とすことができるんです!

対応は早ければ早いほど効果的なので、汚れに絶望する前にぜひ試してみてくださいね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top