TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

パンプスでも足が痛くならない裏技〜ちょっとした工夫でできる女に〜

パンプスでも足が痛くならない裏技〜ちょっとした工夫でできる女に〜

女性のおしゃれのマストアイテムといえば「パンプス」!

高いヒールで美脚を作れるし、スタイルを良く見せることも出来るので欠かせません!

デートにだってもちろん履いていくけど、男性って意外と女性のおしゃれには無頓着なんです。

パンプスで歩きづらいのに彼の歩く速度が速い…。

必死についていったら足が痛くなって動けなくなっちゃった…。

でも足が痛いなんてカッコ悪いから言えなくてテンションだだ下がり…。

そんな経験ありませんか?

擦れて痛くなってしまって、しまいには水ぶくれのようになってしまうんですよね。

しかも、1度痛くなればヒールを脱ぐまで痛みはとれません。

特に可愛いデザインの靴や購入したばかりの靴を履いている時が多い気がします。

そこで今回は、「パンプスでも足が痛くならない裏技」をご紹介します!

これで彼とのウィンドウショッピングも思いのままです!

是非おためしください!




スポンサーリンク

つま先が痛い方にはこちら!

パンプスを履くとつま先が焼けつくように痛くなってしまう方は、パンプスが高くてつま先が前に滑り、全体重がつま先にいってしまっている場合がほとんどです。

なので、つま先が滑らないようにする工夫が必要なんです。

市販だとこのようなジェルクッションが売っていたりしますし、お金をかけたくない方はメイクに使う「パフ」でも代用することが可能です。

かかとが痛い方はこちら!

かかとが切れてしまったり痛くなってしまう方にはかかと用のジェルクッションがオススメです!

かかとが切れてしまう原因は、靴がその部分に当たってしまっているから。

絆創膏を貼ってカバーしようとすると剥がれないように何枚も使用しなければならないし、丸見えなので不恰好ですよね。

その点、靴専用のカバーを靴の中に引いてしまえば、靴がかかとにあたることがなくなりますし、外から見えないのでかっこよくおしゃれを楽しめます。

ジェルクッションの口コミはこちら

新しい靴を履く前に準備をしよう!

自分の足と馴染んでいない靴を履くと、より足が痛くなってしまいます。

なので新しい靴を履く前には準備が必要なんです。

靴下×ドライヤーで靴の大きさを広げる

靴下を2〜3枚重ねして靴を履きます。

その上からドライヤーをかけると自分の足の大きさに靴が広がるので、締め付けによる痛みを軽減することが出来ます。

試し履きをする

新しい靴をデートの当日まで履きたくない気持ちはわかりますが、どこの部分が自分の足と合わないのか把握するためにも試し履きをしましょう。

ここ擦れて痛いな、と感じたらジェルクッションを貼ってくださいね。

万が一他のところが痛くなったらすぐ対応できるようにバックの中にも入れておくと安心です。

これでデートもバッチリ!

これで長く歩くデートもバッチリです!

高いヒールでスタスタ歩けるかっこいい女性を演出できます!

ジェルクッションはパンプスによってつける箇所が毎回微妙に違うので、痛くなってしまったらつける箇所を見直して、自分の足に合った箇所に調整するといいですよ。

是非お試しくださいね!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top