TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

【むくみ解消方法】朝起きたら顔が大きい・目が小さいでお悩みの方必見!

【むくみ解消方法】朝起きたら顔が大きい・目が小さいでお悩みの方必見!

朝起きたら顔がいつもより大きい…。

目が腫れぼったく小さくなってる…。

うっかり飲みすぎた次の日などは、顔がむくんで困りますよね。

朝のむくみは、特に女性にはメイク方法も変わってきてしまいますし大敵です。

今回は朝の忙しい時間でもすぐにできる顔のむくみ解消法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

どうして顔がむくむの?

顔がむくむ理由のほとんどは「余分な水分が身体の中に流れている」からなんです。

前日にアルコールを摂取したり、塩分を摂りすぎて身体が水分を求めたくさんとりすぎたりすると、翌日には血液循環やリンパの流れが悪くなってしまい、顔がむくんで(腫れぼったくなる)しまうのです。

女性の場合は月経前症候群も、むくみの原因の1つです。

月経前症候群の場合は、月経が終わるまでむくみが続くこともありますが、これからご紹介するリンパマッサージで改善できる場合があります。




顔のむくみは自然に収まらないの?

顔のむくみは何もしなくてもお昼過ぎには落ち着くことがほとんどです。

しかし、重力によって今度は足がむくんでしまうことになります。

それによってブーツが脱げなくなったり、靴擦れが起きやすくなったりするわけです。

そうなる前の早めのケアが大切なんですね。

顔のむくみをとるにはリンパマッサージが最適!

顔ではなく、水分の溜まりやすい首から始めます。

首にはたくさんのリンパの流れがあるので、素人がギュウギュウと押してしまうと危険な場合もあります。

お風呂の中など、血圧が上がりやすいところではリンパマッサージをやらないようにしましょう。

1、まずは首を右に3回、左に3回回します。

2、次に鎖骨の上のくぼみの上下を20回づつ押します。

顔のむくみをとるにはリンパマッサージが最適!1

出典: http://www.skincare-univ.com/article/000751/

次は顔です。

顔もギュウギュウと押すのではなく優しいマッサージを心がけましょう。

1、まずは顎の下に手のひらをおいて、耳方向に押し上げます。3度ほど繰り返してください。

2、次は耳の後ろから鎖骨へ、血液を流すようにイメージしながらリンパを流していきます。1分ほど繰り返してください。

顔のむくみをとるにはリンパマッサージが最適!2

出典: http://www.skincare-univ.com/article/000751/

最後は目です。

特に目のむくみがひどいと感じる人も少なくないのではないでしょうか。

ゆっくり優しくがポイントです。

1、下の画像の丸い点が目のツボです。ゆっくり優しくむくみが気にならなくなるまで押してください。

2、まだ気になる場合は頭のマッサージも有効です。首の付け根から徐々に手を動かし頭全体をマッサージしてください。

顔のむくみをとるにはリンパマッサージが最適!3

出典: http://www.skincare-univ.com/article/000751/

道具を使うのもオススメ

250*250_carat_1
ローラーやカッサを使うマッサージも有効です。

あご下から耳へかけてリンパを流すようにローラーを当てましょう。

全身の流れを良くしたい場合は、足、背中、お腹、方は、首顔、の順番で流してくださいね。

特に目元のむくみが気になる!お手軽にスッキリ

特に目元が気になる方はこちらの2つの方法がオススメです。

タオルで温冷パック

タオルを2枚用意し、1枚を水に濡らし電子レンジで50秒ほど加熱。

もう1枚を冷たい水を張った洗面器で濡らします。(夏場は氷水がオススメ!)

冷たい→温かい→冷たい→温かいとタオルを交互に目元に当てていくと、細胞を刺激し、リンパの流れが良くなります。

スプーンを目元に当てるだけ!

前日から冷蔵庫で冷やしておいたスプーンを使います。

スプーンの裏側を目元に当てて、優しく円を描くようにマッサージしてください。

むくみだけでなく、疲れ目の解消にもなりますよ。

顔のむくみ撃退で朝からスッキリ!

顔がむくんでいると、その日はなんだか憂鬱な気分になってしまいますよね。

朝ほんの少しだけ手間をかけてあげて、スッキリしたお顔を手に入れましょう!

特に顔がむくんでいるという日は、スプーン→温冷タオル→リンパマッサージのフルコースでむくみを撃退してくださいね。

朝から癒されて1日の気分も良くなること間違いなしです!

是非お試しください!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top