TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

【裏ワザ】毛先が広がった歯ブラシをピンっと真っすぐ戻す方法

【裏ワザ】毛先が広がった歯ブラシをピンっと真っすぐ戻す方法

つい先日歯ブラシを変えたばかりなのに、歯ブラシの毛先がすぐに広がってしまう・・。

パートナーと比べて明らかに自分の方が毛先の広がるタイミングが早い・・・・。

そうなってしまうと歯ブラシ代がかさみますし、なんだか恥ずかしいですよね。

しかし実は、広がった毛先を元に戻す方法があるのです!

今回は毛先が広がった歯ブラシをピンっと真っすぐ戻す方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

歯ブラシの毛先が広がる原因

まずは歯ブラシの毛先が広がる原因から知っておきましょう。

歯ブラシの毛先が広がる原因は2つあります。

ストロークが大きい

強い力を入れ過ぎている

大きな動作で歯ブラシを動かしていませんか?

本来、小さな範囲を小刻みに歯ブラシを動かして磨くことが正しい歯の磨き方です。

しかし大きな範囲で歯を磨いてしまうことにより、刃先が左右に引っ張られて広がってしまいます。

また、強い力を入れて歯を磨いているのも毛先が広がる原因です。

きちんと歯の表面にあたっていれば力を入れる必要はないので、鉛筆をもつような持ち方で優しく丁寧に歯を磨いていきましょう。

あまり強く磨きすぎると知覚過敏にもなりやすいので注意してくださいね。




歯ブラシの毛先を元に戻す方法

それではさっそく「歯ブラシの毛先を元に戻す方法」をご紹介します。

用意するもの

氷水の入った容器

お湯の入った鍋

歯ブラシの毛先を元に戻す方法①:お湯を用意する

歯ブラシの毛先を元に戻す方法1:お湯を用意する

まずは鍋にお湯を沸かしましょう。

グツグツと煮え立ったらスタートです。

火加減は中火~弱火にし、冷めないようにしてください。

65度以上の温度が目安です。

歯ブラシの毛先を元に戻す方法②:歯ブラシをお湯に入れてUの字を描く

歯ブラシの毛先を元に戻す方法2:歯ブラシをお湯に入れてUの字を描く

出典: http://www.hamigaki.jp/neta/haburashi.html

お湯が煮えたら歯ブラシの毛の部分を下向きにお湯の中へ歯ブラシをいれます。

お湯の中にはヘッドの部分だけ入れるようにし、持ち手は離さないでくださいね。

歯ブラシの毛先を元に戻す方法2-1:歯ブラシをお湯に入れてUの字を描く

出典: http://www.hamigaki.jp/neta/haburashi.html

お湯の水圧で刃先を戻すので、平等に戻すように交互にUの字を描いていきます。
左にUの字を描いたら右にUの字を描く、を30回ほど繰り返します。

歯ブラシの毛先を元に戻す方法③:歯ブラシを氷水に入れてUの字を描く

歯ブラシの毛先を元に戻す方法3:歯ブラシを氷水に入れてUの字を描く

出典: http://www.hamigaki.jp/neta/haburashi.html

用意しておいた氷水に、お湯の時のように毛先を下にしてヘッドの部分だけを浸けます。

氷水につけたら、再度Uの字を交互に描いていきましょう。30回ほど繰り返してください。

歯ブラシの毛先を元に戻す方法④:歯ブラシを拭く

歯ブラシの毛先を元に戻す方法4:歯ブラシを拭く

出典: http://www.hamigaki.jp/neta/haburashi.html

毛先をまっすぐキッチンペーパーで拭き取れば終了です。

お湯で毛先を柔らかくし、水で引き締めることで新品のような毛先が出来上がるのです。

毛先が広がった歯ブラシをピンっと真っすぐ戻す方法まとめ

いかがでしたか?

最後のステップの水を拭くという行為は非常に重要です。

歯磨きは、口の中の菌を取る作業なので歯ブラシには口の中の菌がたくさんついています。

きちんと洗い、しっかり乾燥させて清潔な歯ブラシを心がけましょう。

口の中の清潔を保つためにも、歯ブラシは最低でも1カ月に1度は変えるようにしてくださいね!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top