TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

気持ちが悪い!車酔いを無くしてドライブを楽しむ方法

気持ちが悪い!車酔いを無くしてドライブを楽しむ方法

恋人とのデート、1泊2日の温泉旅行、実家に帰省、アミューズメントパークへ遊びに行くなどの時に車があると、とても便利ですよね。

しかし心配なのが『車酔い』。

車に酔ってしまう人は15分程度の乗り物でも酔ってしまいます。

それを何時間も車に乗っていないといけないなんて苦痛以外の何物でもありません。

そこで今回は車酔いを無くす方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

車酔いを無くす方法①:遠くを見る

車酔いを無くす方法1遠くを見る

車酔いの原因として考えられるのは、カーブを曲がった際に体が傾くことによって平衡感覚が乱れるということです。

たくさんカーブを曲がればその分目が回って気持ちが悪くなってしまいます。

それを防ぐには『遠くを見る』ことが有効です。

遠くの景色を見て平衡感覚が乱れないようにすると車酔いが起こりにくくなりますよ。

出来るだけ顔は動かさないようにしてくださいね。

車酔いを無くす方法②:窓を開けて喚起する

車酔いを無くす方法2窓を開けて喚起する

車酔いのもう1つの原因は「ニオイ」です。

社内にはいろいろなニオイが付きやすいです。

排気ガスやたばこはもちろん、消臭剤の香り自体が苦手だという方も非常に多いんですよ。

あとは暖房器具から風と一緒に出てくるニオイで酔ってしまうという方や、普段ならいい香りだと思う香水のにおいも狭い社内の中では悪臭ととらえてしまうという方も多いです。

「うわ、臭い」と思ったら窓を開けて喚起しながら外の空気を吸いましょう。

どうしても寒い時には厚手のタオルで口元を覆うのもアリです。

自分自身に香水などの香るものを付けるのも控えるのが良さそうです。




車酔いを無くす方法③:ツボを押す

人間には様々な「ツボ」が存在しますが、車酔いに聞くツボもあります。

車酔いが心配になったらツボ押しを始めましょう。

合谷(ごうこく)

合谷

車酔い以外にも様々な効能がある万能と言われるツボです。
手の甲を上に向け、親指と人差し指の間の溝を押していきます。
上の図のように反対側の手の親指で簡単に刺激することができますよ。

内関(ないかん)

内関(ないかん)

出典: http://yakudatta.com/archives/4758.html

吐き気を抑える効果があると言われているツボです。

つわりにも効果的。車に酔って気持ち悪くなってきてしまったら押しましょう。

手のひらを上にして、手のひらから指3本分程下がった中央にツボがあります。5秒押して離す、を気分が良くなるまで繰り返してくださいね。

厲兌(れいだ)

厲兌(れいだ)

出典: http://www.tsubomaster.com/%E5%8E%B2%E5%85%8C_%E3%81%A4%E3%81%BC

こちらも吐き気に効果があると言われるツボです。

足の人差し指にあります。人差し指の中指側、爪下あたりを手で押していきましょう。

車酔いを無くす方法④:眠ってしまう

車酔いを無くす方法4眠ってしまう
酔ってしまうなと思ったら寝てしまうのもいいでしょう。

「起きたら目的地だった」というのが最も乗り物酔いをしなくて済む方法です。

ただし、同乗者が眠ってしまうのを良しとしない運転手もいます。

後程のトラブルを避けるためにも、ドライブが決まった時点で「車酔いが激しいので車内で起きていられないのですがいいですか?」と相談しておくとベストです。

また、眠りにつかなくとも横になっているだけで車酔いが起きないという方もいるので、「車酔いしそうだな」と思ったら運転手に断って横になってみてくださいね。

車酔いを無くす方法⑤:酔い止めの薬をのむ

車酔いを無くす方法5酔い止めの薬をのむ

酔ってしまったらどうしよう、と不安になるくらいだったら先に酔い止めの薬を飲んでしまうのも一つの手です。

心配をすることもなくなって気が楽になるかもしれません。

酔い止めには「酔う前に飲む薬」と「酔ってからでも効く薬」と分かれているので、万が一車に乗る前に薬を飲み忘れてしまってからも安心です。

また、薬には眠くなる成分が入っているものもありますから、それが嫌な方は薬剤師さんに相談してみてくださいね。

薬のおススメはこちらから↓

備えあれば憂いなし!車酔いを無くす方法まとめ

車酔いをしない人からみれば車酔いをする人の苦痛は分からないものです。

『苦痛から自分自身を守るのは自分自身だ!』という覚悟で車に乗り込みましょう。

また、車酔いは運転の上手下手も関係してきます。

誰が運転するのか事前に分かっていたら、運転手に合わせて車酔いの薬を持っていくことをおススメします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top