TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

【こたつより安い】一人暮らし必見の節約上手な暖房器具とは

【こたつより安い】一人暮らし必見の節約上手な暖房器具とは

大学生、単身赴任、上京などで1人暮らしをしている場合、少しでもお金を節約したいですよね。

光熱費だと、電気代が一番節約しやすいのではないでしょうか。

しかし、冬の時期は防寒対策をしたいのも事実です。

電気代を節約できて温かいものと言えば「こたつ」でしょうか?

いいえ、こたつよりも安い暖房器具があるんです。

今回はエアコンはもちろん、こたつよりも電気代が安くて暖かい暖房器具をご紹介します。

スポンサーリンク

こたつの電気代はエアコンの半分!

こたつの電気代はエアコンの半分

こたつがエアコンよりも安いのは事実です。

どのくらい安いかというと、同じ省エネで比べると半分も差があるのです。

省エネこたつの消費電力200W、たいして省エネエアコンは400Wが平均です。

こたつは1日10時間使用したとしても、1か月の電気代はプラス2,000円くらいなんですよ。

しかしこれはもちろん『省エネ』に限ったことです。

エアコンと同等くらいの消費電力のものもあるので、こたつを選ぶのなら200W位を探しましょう。

高くても上限を300Wほどでお考えてください。

電気毛布なら電気代はこたつの1/4!

電気毛布なら電気代はこたつの1/4!

しかし、そんなこたつよりも安い暖房器具があるのです。

それは、『電気毛布』!

節約したいけど寒いのも嫌という方にはぴったりなんです。

電気毛布の消費電力は強:50W、中:25W、弱:5Wなので、こたつが200Wですから電気毛布を「強」で使用してもこたつの4分の1の料金ですんでしまいます。

「中」なら20分の1、「弱」なら40分の1なので大変お得ですね。

しかも、本体代もリーズナブルということがとても嬉しいです。

省エネこたつが20,000円ほどするのなら、電気毛布は4,000円ほど。

大きめを買っても10,000円にはのぼらないものがほとんどです。

上半身の寒さは肩掛け用電気毛布で温める




しかし、すべての箇所が暖かい暖房に比べると、電気毛布は座った姿勢だとどうしても上半身が寒いです。

これは電気毛布だけでなくこたつにもいえますが、TVをみたりパソコンを長期間いじる方は、ひざ掛けようの電気毛布に肩掛け用の電気毛布も合ってもいいかもしれません。

電気毛布の注意点

電気毛布は、布の内側に電熱線が埋め込まれていて、そこに電気を流すことで発生する電熱を加温に利用しています。

ですので、人によっては長期間使用しているとひざなどに関節痛を起こしやすくなるようです。

静電気が起こりやすい服装の時や薄着の時の使用は注意して、タオルケットなどの上から電気毛布を被る対策をしましょう。

節約上手な暖房器具まとめ

もちろん、お金に余裕があれば暖房を使用するのが一番暖かいでしょう。

暖房をつけながら除湿器で除湿するのが1番贅沢な暮らしです。

しかし、節約もしてなおかつ温まりたいのであれば絶対的に電気毛布がおススメ。

1人暮らしならではの節約方法です。

ぜひ試してみてくださいね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top