TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

【ワキガ治療】ワキガ手術の種類と費用、適用保険まとめ

【ワキガ治療】ワキガ手術の種類と費用、適用保険まとめ

ワキガ対策として一番始めに思いつくのはワキガ手術ではないでしょうか?

しかしワキガ手術をしようと思っても、ワキガ手術には様々な種類があり、手術によってかかる費用も変わるので、どれが自分にとって適切なのか悩んでしまいますよね。

ここでは、保険が適用されるワキガ手術や、ワキガ手術のメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.ワキガ手術について

ワキガ治療手術と適用保険1.ワキガ手術について

ワキガ手術は、ワキガ臭の原因である「アポクリン汗腺」という汗腺を取り除く処置になります。

ワキガの原因であるアポクリン汗腺ですが、ワキガ体質の人は生まれつきアポクリン汗腺の量が多く、このアポクリン汗腺の量は生まれてから増減することはないため、汗の量を減らし、臭いの原因である雑菌をよせつけないためには、手術で汗腺減を取り除いてしまうのがベストなのです。

ただ、アポクリン汗腺とエクリン汗腺を分けるのは不可能なのでアポクリン汗腺と一緒にエクリン汗腺や皮脂腺も取り除かれます。

ワキガ手術は、医師が直接アポクリン汗腺を見て施術を行うものと、機械を通して施術をするものがあり、アポクリン汗腺を直接取り除くか、吸い取るか、破壊するかなど、方法にも違いがあります。

また、手術方法や手術を受ける場所によって適用保険などが変わってきます。

2.ワキガ手術の適用保険とは?

ワキガ治療手術と適用保険2.ワキガ手術の適用保険とは?

保険適用外のワキガ手術は50万円前後の費用が掛かるので、できれば保険適用内の手術で費用を抑えたいですよね。

保険適用ワキガ手術は保険適用外ワキガ手術に比べ、かなり費用を抑えることができます。

ただし、保険適用になるためには以下3つの条件が必要です。

保険適用条件

A.ワキガ手術が保険適用内の病院

B.手術方法が保険適用内の病院

C.ワキガだと認められた場合

A.ワキガ手術が保険適用内の病院

病院による手術では保険適用内の治療も多いのですが、クリニックの治療では自由診療の治療の方が多いようです。

ただ、病院でも手術方法によっては保険適用外になるので注意が必要です。

B.手術方法が保険適用内の病院

ワキガ手術は、手術の方法で保険適用内かどうか変わります。

「剪除法」という手術であればほとんどの病院では保険適用内ですが、傷口が小さくて済むような「吸引法」などは美容目的が強いので保険適用外となるのです。

C.ワキガだと認められた場合

ワキガ手術はワキガ臭が無くなるというメリットだけではなく様々なデメリットが存在します。

そのため、医師が中度~重度なワキガだと判断した場合でないと手術を受けることはできません。

ワキガ判断はドクターの嗅覚による診断なので、医師によって判断が異なることもあります。

医療機関によるワキガ診断方法は、詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事

【ワキガセルフチェック】自分でできるワキガ診断と医療機関によるワキガ診断

3.ワキガ手術のメリットとデメリット

ワキガ治療手術と適用保険3.手術のメリットとデメリット

ワキガ手術はワキガ臭が無くなるというメリットだけではなくデメリットがあると先述しましたが、ここではワキガ手術のメリットとデメリットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

ワキガ手術のメリット

ワキガ臭がなくなる

脇汗をかかなくなる

脇毛が生えなくなる(デメリットととる人もいます)

ワキガ手術のデメリット

ワキガ臭が収まらない・再発する

脇に手術後が大きく残ってしまう場合もある

代償性発汗がある

色素沈着で脇が黒ずむ、やけどなどのリスク

ワキガ手術のデメリットは大きく分けて4つあります。

それぞれ詳しくご説明いたします。




ワキガ手術のデメリット①
ワキガ臭が解消されない・再発する

ワキガ手術のデメリットとして良くあげられるのは、ワキガ臭が解消されないことや臭いが再発するということです。

これは、傷跡が目立たない吸引法などの手術に多いのですが、理由としてはアポクリン汗腺が除去できていないということや、成長してしまったということが考えられます。

アポクリン汗腺の位置は人によってバラバラなために、機械では届かない場所にアポクリン汗腺が存在している可能性があります。

そうすると、除去できていないアポクリン汗腺があるわけなので当然ワキガ臭は無くなりません。

また、アポクリン汗腺は貝柱の様にしっかりと脇裏にくっついているのですが、根本から除去をしないと成長して再発すると言われています。

吸引法では根元から吸い取ることができないので何か月~何年か後にはアポクリン汗腺が復活してしまうのです。

ワキガ手術のデメリット②
脇に手術後が大きく残ってしまう場合もある

ワキガ手術を後悔したという感想でよく上がるのが「脇に手術後が残ったこと」です。

ワキガ臭は改善されても、手術跡でワキガ体質だと分かり周囲に噂されてしまうので、自信をもって脇を上げられないというものになります。

関連記事

ワキガと噂される芸能人まとめ【画像アリ】

最近ではワキガ跡が目立たない手術方法もありますが、ワキガ跡が目立たない手術はアポクリン汗腺がしっかりと取り除けなかったり再発する可能性が非常に高いです。

今のところ一番ワキガ臭をしっかり解消してくれる可能性が高い手術は、傷跡が比較的目立ちやすい「剪除法」になります。

ワキガ手術のデメリット③
代償性発汗がある

ワキガだった方がましだったという口コミで良く見るのが「代償性発汗」です。

代償性発汗とは文字通り、脇から汗をかかない代償にほかの場所から現れる汗のことを言います。

手術により汗腺が取り除かれると、脇から汗が出なくなります。

ただ、今まで両脇から出ていた汗は出口を欲しているので、体のどこからか排出しなければなりません。

全身から上手に出る人もいますし、片手だけから両脇から出ていた分の全ての汗が出てしまう人もいます。

背中から、太ももから、額から、集中して汗が出てきてしまうという人もいるのです。

また、ワキガ体質の人は高確率でチチガやスソワキガです。

今までは脇のアポクリン汗腺だけが活発でワキガ以外はきがつかなかったけど、デリケートゾーンからの汗が増えたせいでスソワキガなどの臭いが強くなる人も多くいます。

ワキガ手術のデメリット④
色素沈着で脇が黒ずむ、やけどなどのリスク

手術後は色素沈着で脇が黒ずみます。

黒ずみがとれるまでに1~2年かかるという人もいますし、何十年も黒いままということもあります。

また、手術内容やドクターの腕次第では皮膚の壊死や火傷などが起こることもあります。

関連記事

【ワキガ手術失敗事例】ワキガ手術の体験談まとめ

4.ワキガ手術の種類と費用

ワキガ治療手術と適用保険4.ワキガ手術の種類

では、ワキガ手術にはどんな種類があるのかワキガ手術の種類と、それぞれいくらかかるかワキガ手術費用をご紹介していきたいと思います。

病院によってやり方は多少異なり、適用保険も異なるので、基本的なことをまとめていきます。

この方法が良いと思ったら、病院に不安なことを問い合わせてみてください。

ワキガ手術の種類と費用①
「剪除法」

ワキガ手術の種類と費用1-剪除法(せんじょほう)
「剪除法」は手術の中でたった一つ、医師がアポクリン汗腺を直接見て、1つ1つ除去していく方法になります。

脇を3~5cm切開してアポクリン汗腺を取り除いていきます。

ワキガの手術-剪除法(せんじょほう)2

「剪除法」はワキガ手術の中で一番高い確率でアポクリン汗腺を除去でき、再発の可能性も少ない手術です。

デメリットとしては、傷跡が残ることと、ダウンタイムが1週間ほどというところです。

自由診療の場合手術費用は30~50万円ですが、病院によっては保険適用内の所も多くあり5~10万円程度で手術が受けられます。

ワキガ手術の種類と費用②
「皮下組織吸引法」

ワキガ手術の種類と費用2-皮下組織吸引法

皮下組織吸引法は、美容整形の脂肪吸引と同じ原理です。

脇を1cmほど切開し、そこにカニューレと呼ばれる管を差し込みアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺を吸収します。

デメリットとしては、アポクリン汗腺の取り残しが多く、再発率も高いこと。

費用は保険適用外で15~40万円ほどです。

ワキガ手術の種類と費用③
「超音波吸引法」

ワキガ手術の種類と費用3-超音波吸引(治療)法

取り残しの多い吸引法の改善策が超音波吸引法。

カニューレン代わりに超音波を差し込み、熱で破壊してから吸収します。

デメリットとしては、吸引法よりは改良されているけれどまだまだ取り残しが多いことや、ドクターの腕次第では火傷や合併症のリスクがあることです。

費用は保険適用外で20~40万円ほどです。

ワキガ手術の種類と費用④
「ミラドライ」

ミラドライはまったく皮膚を切開しないワキガ治療です。

マイクロ波で汗腺を照射して破壊します。

切開しないのでダウンタイムは短く、手術の翌日からシャワーもOKです。

デメリットとしては治療が2回必要なことと、通院の必要があることです。

最新のワキガ治療なので、再発率に関しては詳しく分かっていません。

費用は30~60万円ほどです。

5.後悔しないワキガ手術をするためのチェックポイント

ワキガ治療手術と適用保険5.後悔しないワキガ手術をするためのチェックポイント

後悔しないワキガ手術をするためには必ず以下のチェックポイントを実施しましょう。

病院やドクターの評判を調べる

デメリットもきちんと説明してもらい、納得の上で手術を受ける

万が一臭いが無くならない場合の補償の確認

保険適用の有無

自分が一番譲れないこと(ワキガの臭いを解消、傷跡を目立たせないなど)

本当に自分にその手術があっているか医師の話を聞く

ワキガ手術の種類と費用、適用保険まとめについてまとめ

ワキガ手術の種類と費用、適用保険まとめについてまとめ

ワキガ手術にはメリットがある反面デメリットも存在します。

「日帰りでできるんだ!」と下調べせずに気軽に手術をすると後悔する羽目になるかもしれません。

ワキガ手術がどんなものか理解して後悔のない選択をしましょう。

当サイトがオススメするワキガ対策

当サイトではワキガ手術のようなリスクも無く、金銭的にもはるかに安い、デオドラントとサプリメントでのワキガ対策をおすすめしています。

すぐにワキガ対策をしたい方や手術に踏み切れないといった方はこちらの記事をご覧ください。

【ワキガの原因と対策】確実にワキガを治す方法まとめ

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top