TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

ワキガ軽度と重度の違いとレベル別ワキガ治療方法

ワキガ軽度と重度の違いとレベル別ワキガ治療方法

ワキガには軽度・中度・重度と臭いのレベル(強度)があります。

しかし、ワキガの人はほとんどの場合自分で自分の臭いを認識することができませんので、自分のワキガレベルを知ることはとても困難です。

ここでは、レベル別のワキガ症状と治療方法を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

医療機関によるワキガの診断方法とレベル別ワキガの症状

医療機関によるワキガの診断方法とレベル別ワキガの症状

ワキガは口臭のように、チェッカーで調べられるわけではありません。

ワキガ臭には様々な臭いがあるため、ひとつの機器で平等に調べられることができないのです。

そのために、医師が直接臭いを嗅ぐという方法でワキガチェックを行います。

脇の臭いを直接嗅ぐ方法もありますが、多くの医院では脇にガーゼを貼り付け、数時間〜翌日にそのガーゼの臭いを嗅ぐことでワキガ診断をする「ガーゼチェック法」という方法を実行しています。

この臭いの重度によってワキガレベルが分かります。

レベル1 臭わないor汗の臭い(非ワキガ)

レベル2 少しだけ臭う(軽度)

レベル3 鼻を近づけると臭う(軽度)

レベル4 顔を少し話しても臭う(中度)

レベル5 ガーゼンを手に持っているだけでもワキガ臭がしている(重度)

関連記事

自分でできるワキガ診断と医療機関によるワキガ診断方法

ワキガ軽度と重度の違い

ワキガ軽度と重度の違い

同じワキガなのに何故人によってワキガ臭のレベルが違うのでしょうか?

それはワキガの原因であるアポクリン汗腺と、普段の生活習慣が関係しています。

ここからは、ワキガ軽度の人と重度の人の違いをご紹介していきます。

ワキガ軽度と重度の違い1.アポクリン汗腺の量

これは生まれつきですが、ワキガ体質の人にはアポクリン汗腺という汗腺が存在します。

非ワキガ体質の人はエクリン汗腺から、ワキガ体質の人はアポクリン汗腺から汗を出すので、アポクリン汗腺から出た汗自体にニオイはありません。

アポクリン汗腺から出た汗を雑菌が好んで繁殖し、分解することからワキガ臭が起こってしまうのです。

このアポクリン汗腺は、位置も色も数もみな違います。

一説によると、アポクリン汗腺の量が臭いの強度に関わってくると言われていますが、確実なことは未だ解明されていません。

アポクリン汗腺

出典: https://matome.naver.jp/odai/2139602340332431001/2139618833926720003

ワキガ軽度と重度の違い2.食べ物の好み

ワキガ軽度の人と重度の人は、食べ物の好みが大きく違うと言われています。

ワキガ軽度の人は、野菜や魚を好み、バランスよく食事を摂取している人です。

反対に、ワキガ重度の人は動物性タンパク質である肉やチーズなどを好む傾向にあります。

食事はワキガ臭を助長させる大きなポイントです。

ワキガ臭が気になっている方は食事内容を一度みなしてみましょう。

関連記事

ワキガ・脇臭を強くする食生活

ワキガ軽度と重度の違い3.汗腺が鍛えられているかどうか

ワキガ体質の人は汗をかくとワキガ臭がするので、汗をかくのが怖いという人もいます。

しかし汗を恐れて運動をしていないと、汗腺が弱まってしまい、汗をかいたときに古い皮脂や汚れが一緒にでて臭いがより強くなってしまうのです。

また、汗腺使わないと、体の離れた場所から休眠期に入ってしまいます。

そうすると、休眠期に入っていない毛穴から汗をかくことになるので、脇からたくさんの汗が排出されてワキガ臭と合わさり、臭いを助長してしまうことになります。

ワキガ体質なのにワキガ臭があまりしない場合は、運動を定期的にして汗腺が鍛えられている人であるといえるでしょう。

ワキガ軽度と重度の違い4.皮脂腺が活発な人

ワキガの原因であるアポクリン汗腺を助長するものに「皮脂腺」があります。

皮脂腺は皮脂酸を分泌しているのですが、皮脂酸が空気に触れると酸化して悪臭を放ちます。

皮脂酸とはつまり、脂のことです。

皮脂腺は油っぽいものを食べたり、乾燥肌になると活発に働くことが分かっています。

ワキガ臭

出典: http://chuoh-clinic-kagoshima.com/treatment/takan/

肌が乾燥していると、皮脂腺は「脂が足りない」と判断して、肌に脂を送り込もうとしてしまうのです。

このために、アポクリン汗腺から出た汗と皮脂酸が混ざり合い悪臭を放ちます。

ワキガ軽度の臭いはどの程度なの?

ワキガ軽度の臭いはどの程度なの?

ワキガ軽度の人は以下のような日常生活が考えられます。

汗を大量にかいたときに臭いが気になる

デオドラントクリームを使えば長い間脇の臭いを気にしなくて済む

他人に「ワキガかもしれない」と打ち明けても「臭いはしない」といわれる

夏など脇汗が多いときは洋服が黄ばむ

ワキガ軽度であれば、他人に臭うことはあまりありません。

しかし、夏の日や多く汗をかいたときに、もしかしたら多少臭いがしている可能性があります。

ただ、臭いはごく近しい人しか分からないはずです。

ワキガ軽度の人はお風呂上りには臭うことがなく、汗をかかないときは脇に顔を近づけて臭いを嗅いだりしないとワキガだということは分かりません。

ワキガ軽度の人は何故自分でワキガだと分かるのか

ワキガは「嗅覚疲労」という現象が起こります。

ワキガ臭は自分にとってもストレスな臭いのため、臭いに慣れてしまうのです。

しかし、「私ワキガかもしれない・・・この臭いはなに?」と悩んでいる人はたくさんいますよね。

嗅覚の疲労は誰にでも起こるわけではないのです。

嗅覚の疲労が起こる人は“常にワキガ臭がしている人”になります。

お風呂上りでも汗をかいたときでも日常生活でも、常にワキガ臭がしているために臭いに慣れてしまうのです。

しかし、軽度なワキガ体質は常に臭いがする訳ではありません。

お風呂上りなど、脇を清潔にしているときは臭いがしない人が多く、臭いがしている時としていない時の差があるために自分で自分のワキガ臭に疑問を持つことができます。

ワキガ軽度の治療方法は?

ワキガ軽度ではワキガ手術をすることはできません。

ワキガ手術をしてワキガ臭を無くすよりも、手術のデメリットの方がはるかに大きいからです。

医師に相談しても、ワキガ軽度であるならデオドラントクリームの常用を勧められます。

デオドラントクリームで効果がないという場合は、ワキガ専用のデオドラントを使用してください。

“殺菌” “消臭” “制汗” “保湿”作用があるものを選ぶようにしましょう。

ワキガ・脇臭の人が使うべきデオドラントの選び方はこちらの記事をご覧ください。

ワキガ重度の臭いはどの程度なの?

ワキガ重度に臭いはどの程度なの?

ワキガ重度の人は自分では自覚がない人がほとんどです。

先述したように、自分の臭いが自分で分からないという「嗅覚疲労」を起こしているからです。

自分がワキガかもしれないと思ったら周りの人の反応を注意深く観察してみてください。

赤の他人が「ここワキガ臭い」と話しているのを良く耳にする

自分の席の近くの窓をよく換気される

自分の近くに鼻を抑えている人や鼻をこすっている人が良くいる

「ケアした方がいい」「ワキガだと思う」と言われたことがある

ワキガ重度の人は、例えば学校の教室の前列に座っていても後列まで臭いがすることがあります。

中度な人だと、その人と話をする距離で立てばワキガ臭がします。

ただ、ワキガ臭などの体臭関係はとてもデリケートなので「今まで指摘されたことがない」「自分でも全く臭わない」という人でもワキガの可能性があるのが難しいところです。

また、ワキガ重度で自覚がない人は両親もワキガの可能性が高いです。

ワキガの原因であるアポクリン汗腺は遺伝しますし、家族間だと生活習慣や食事スタイルが似通うため同じようなワキガ臭になってしまいます。

そして、「嗅覚疲労」が起こるため自身たちがワキガだということに気が付かないのです。

ワキガ重度の治療方法は?

ワキガ重度ではワキガ手術という方法もありますが、手術には以下のようなリスクやデメリットがあります。

ワキガが解消されない場合がある

ワキガが再発する可能性がある

代償性発汗

ダウンタイム

関連記事

ワキガ手術のデメリット

関連記事

【ワキガ手術失敗事例】ワキガ手術の体験談まとめ

ワキガ専用のデオドラントクリームでワキガ臭が解消できるのであれば、まずはデオドラントクリームやボディーソ—プ、サプリメントなどからはじめてみるとよいでしょう。

当サイトではワキガ手術のようなリスクも無く、金銭的にもはるかに安い、デオドラントとサプリメントでのワキガ対策をおすすめしています。

すぐにワキガ対策をしたい方や手術に踏み切れないといった方はこちらの記事をご覧ください。

【ワキガの原因と対策】確実にワキガを治す方法まとめ

あなたはどのレベル?ワキガ軽度と重度の違いまとめ

あなたはどのレベル?ワキガ軽度と重度の違いまとめ

ワキガが軽度や重度であっても同じワキガ体質ということには変わりありませんが、臭いの強度が違うだけで対策も異なってきます。

また、ワキガ体質の方は同時にスソワキガやチチガである可能性も高いので、脇だけのケアでは臭いを防ぎきれないこともあるので注意が必要です。

自身がワキガかどうか心配な方は一度ワキガセルフチェックをしてみましょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top