TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

知ってる?スーツの正しいお手入れ方法

知ってる?スーツの正しいお手入れ方法

スーツは毎日着るものですが、毎回クリーニングに持っていく人は少ないと思います。

そのまま脱いでハンガーに掛けたままにしていませんか?

じつは、ハンガーにただ掛けたままだと、生地が傷んでしまうのでシミの原因になったり、虫食いの原因となるのです。

ここでは、スーツの正しいお手入れ方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

知ってる?スーツの正しいお手入れ方法
1.スーツのお手入れで用意するもの

知ってる?スーツの正しいお手入れ方法1.スーツのお手入れで用意するもの

ブラシ

木製の立体的なハンガー

タオル

 

 

なぜ木製の立体的なハンガーが良いかというと理由は6つです。

1.見た目が綺麗

2.型崩れを防ぎやすい

3.静電気が起こらない

4.除湿効果

5.防臭効果

6.芳香効果

木は様々な効果があります。

また、立体的なハンガーは重いスーツでも型崩れを防ぎやすいので、スーツを掛けるときは木製で立体的なハンガーが最適なのです。

知ってる?スーツの正しいお手入れ方法
2.スーツのお手入れ方法

知ってる?スーツの正しいお手入れ方法2.スーツのお手入れ方法

スーツのお手入れの基本としては、【着た後は1日陰干し→ブラッシング→3日ほど休ます】というものです。

なので、毎日スーツを着るといっても、スーツは必ず毎日ローテーションしてください。

1週間で最低3着のスーツをローテーションすることが理想です。

ステップ1

1日着ていたスーツには、生地が汗や埃などを吸収しているので、帰宅後すぐにクローゼットに入れるのはNGです。

カビや臭いの原因となってしまいます。

スーツを脱いだら、ハンガーに掛けて風通しの良い場所に1日置いて湿気を抜いてください。

ステップ2

2日目に、スーツに軽くブラッシングをしていきます。

表面についている埃を払い落し、クローゼットにしまいましょう。

汗染みなどの汚れが気になる場合は、お湯につけたタオルをギュッと絞って、染み部分を軽く拭きとると良いでしょう。

汚れをそのままにしておくと汚れや頑固な染みの原因となるので、汚れが分かった時点でクリーニングに出すことをおススメします。

知ってる?スーツの正しいお手入れ方法
3.スーツをクリーニングしたときの注意点

知ってる?スーツの正しいお手入れ方法3.スーツをクリーニングしたときの注意点

クリーニングが終わってビニールを掛けたままでいるのはNGです。

ビニールは一見清潔に保つように思えますが、じつは湿気がたまる原因になるのです。

クリーニングに出したスーツをクローゼットに戻す際には、必ずビニール袋を取りましょう。

クローゼットにしまわない場合は通気性の良い場所に置いてくださいね。

またクリーニングに出すときは、どんな汚れなのかを伝えると、それにあったオプションを選んでくれるのでオススメです。

知ってる?スーツの正しいお手入れ方法
4.まとめ

知ってる?スーツの正しいお手入れ方法4.まとめ

スーツは毎日洗濯するものではない分、丁寧なケアが必要になります。

ひと手間加えるだけで、持ちも見た目も良くなるので、第一印象も大きく左右されるはず。

仕事もバシッと気合が入るかもしれませんね。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top