TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

キッチンのイライラ解消!サランラップの切り口を一瞬で見つける方法

キッチンのイライラ解消!サランラップの切り口を一瞬で見つける方法

サランラップは今やキッチンのマストアイテムです。

作り置きを保存したり、電子レンジでチンする時にかぶせたり、おにぎり握ったり、脂っこいお肉を切る前にまな板に敷いたり…。

多種多様で便利なサランラップですが、1つだけ欠点があります。

「切り口が見つからない時がある!!」

これ本当にイライラしますよね!

朝の忙しい時や、お腹が減っているときにこの現象に遭遇するとイライラが募ってしまいます。

私は不器用で目が悪いので(関係あるのかな?)サランラップの切り口を探すまでに10分以上かかることも!

やっと見つけた切り口だって、焦って剥くからピーっと線が入ってまた切れてしまうこともしばしばです。。

そこで、切り口を簡単に見つける方法を探すと、何個もありました!

今回はサランラップの切り口を一瞬で見つける方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サランラップの切り口を一瞬で見つける方法




1、 ガムテープを使う

ガムテープを、粘着力のある方を表にして手の人差し指から小指に巻きます。

そのままサランラップの色々な箇所にペタペタすると、切り口が粘着にひっついてくれます。

テープでもOKですが、ガムテープの方が粘着力が強いのでオススメです。

2、 輪ゴムを使う

輪ゴムを手の親指と小指にかけます。

ラップの端を輪ゴムがある方の手で握り、反対の手でラップの真ん中を握り右に3回まわします。

次は左方向に3回まわします。

交互に何度かまわせばラップの切り口が浮かび上がってきます!

動画で確認

3、 みかんネットを使う

みかんのネットをサランラップにかぶせます。

雑巾を絞るようにギュッギュッと両手で握りながら回すと…切り口発見!

動画で確認

4、 炙る

キッチンのコンロがガスの方はこちらのやり方も簡単!

ガスの火を弱火にして少し遠くでサランラップをかざすと切り口が浮かび上がってきます。

サランラップを近づけすぎると燃えてしまうので注意してくださいね。

5、 濡れた布巾を使う

濡れた付近でサランラップをこすると切り口が浮かび上がってきます!

同様に、少し濡らした手でこすることでも見つけることができました。

しかし他の方法よりかは少しだけ時間がかかった気がします。

6、 小麦粉をつける

ごく少量の小麦粉を手につけてサランラップにペタペタするだけ。

サランラップの切り口の筋を発見することができます!

少量がポイントです。

意外や意外、切り口を見つける方法はたくさん!

今までイライラしていた時間がもったいなくなるほど、サランラップの切り口を見つける方法はたくさんありました!

サランラップは静電気でくっついてしまうようなので、その対策をしたら良かったようです。

色々と試して、自分のお気に入り方法を見つけてみてくださいね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top