TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ

同性から見て、どうしてモテるのか分からないということがモテたりしますよね。

じつは、男性は、顔の造形よりもしぐさで「可愛い」と判断する生き物。

どんなに美人でも、仕草がツンとしていては好きな人に振り向いてもらえない可能性の方が大きいのです。

ここでは、男性が心を奪われる8つの仕草をご紹介していきたいと思います。

気になる彼とデートのとき、話すとき、絶対外せない合コンの時などに活用してくださいね。

スポンサーリンク

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ
1.目が合ったら笑う

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ1.目が合ったら笑う

笑うことは男性を落とすにはとても大切です。

まずは、目が合ったら笑うことを心がけましょう。

「俺のこと気になってるのかな?」と男性をドキドキさせることができます。

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ
2.小首をかしげる

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ2.小首をかしげる

疑問なことがあれば小首をかしげてみましょう。

リアクションはオーバーな方が喜ばれますし、小首をかしげるのは子供のように“無邪気でかわいらしい”印象を残すことができます。

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ
3.ワガママを言う

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ3.ワガママを言う

男性は“彼女のワガママに付き合える自分”をカッコイイと思う節があります。

しかし、男性でも叶えられないワガママはただのワガママなので、男性でもちょっと頑張れば叶えられる程度のワガママにしましょう。

「今日はパスタが食べたい」「私はこうしたいの!」彼の眼には天真爛漫にうつるはずです。

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ
4.話を面白そうに聞く

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ4.話を面白そうに聞く

モテ女子が必ずやっているのが、話を面白そうに聞いて続きを促すことです。

話しをしているときはちゃんと相手の顔を見て、決して時計やスマホを見てはいけません。

「すごーい!」「続きは!?」「私もやってみた~い」など、相手が話しやすい環境を整えてあげましょう。

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ
5.隣に座る

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ5.隣に座る

対面で座るよりも、隣同士で座ったほうが心理的に親密になれます。

なので、横並びができるバーカウンターのお店を選んだり、飲み会では彼の隣をゲットしましょう。

横並びであれば自然とボディータッチもできますよ。

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ
6.頼る

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ6.頼る

「PC詳しかったよね?何がいいか教えてもらえない?」など男性を頼ってみるのも◎。

男性が何か手伝おうとして、気を使って「自分で出来るからいいよ」というのは可愛げがありません。

その気持ちに感謝して、素直に頼るのも男性にとっては嬉しいことなんですよ。

ただし、頼ってばかりはNG。

「この前○○してもらったから」とジュース1本でもいいのできちんとお礼をすれば、「また手伝いたい」と思ってもらえます。

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ
7.一緒にいるときは笑顔

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ7.一緒にいるときは笑顔

一緒にいてブスッとしている子より、笑顔でいる子の方が気楽だし楽しくなります。

人生相談みたいに暗い話ばかりだと、最初は「相談に乗ってあげよう」と思う優しい男子でも、のちのちその雰囲気が重くなって楽しくなくなってきてしまうのです。

一緒にいる時はなるべくとびきりの笑顔を心がけましょう。

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ
8.ここぞというときに寂しい顔を見せる

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ8.ここぞというときに寂しい顔を見せる

別れ際や、彼がほかの女性といる時など、ここぞというときに寂しい顔をするのもテクニックの1つです。

いつも笑っている女性が、自分のせいで寂しい顔をしていると思えば、多少興味を持っている男性なら心配になってくれるはずです。

あなたのことが心配で頭から離れないなんてことになるかもしれませんよ。

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ
〜モテ女子のテクニックまとめ〜

【愛され女子】男性が心奪われる8つのしぐさ〜モテ女子のテクニックまとめ〜

テクニックのいくつを実行できていましたか?

気になる男性だけに使うとあざといと思われる可能性があるので、できるだけ分け隔てなくこの仕草ができるように目指しましょう!

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top