TEQLAB[テクラボ]

暮らしに役立つ価値ある知識を。
情報を科学する研究所テクラボ

【ワキガの原因と対策】もしかしてワキガ?チェックと対処法の全て

【ワキガの原因と対策】もしかしてワキガ?チェックと対処法の全て

目次

ワキガとは~ワキガの定義~

ワキガとは脇から嫌な臭いがする体質のことを言いますが、どのような仕組みでワキガ症状が起きているのでしょうか?

ワキガの仕組みを知ることがワキガ対策の第一歩となりますので、ここではワキガ症状とワキガの定義について詳しくご紹介していきたいと思います。

腋臭症(えきしゅうしょう)は、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する人体形質で、それを有する個人の属する集団によっては疾患としての扱いを受ける。わきがとも呼ばれる。

出典: 腋臭症 – Wikipedia

実は、ワキガの定義ははっきりと決まっているわけではありません。

1人1人ワキガ臭が違うので、口臭などのように機械によって診断することもできないのです。

それではワキガとは一体何なのでしょうか?

ワキガの定義は明確には決まっていませんが、ワキガとは脇の下から特有の匂いを発する体質のことを指します。

ワキガは体質なので決しては病気ではありません。

ワキガの人は生まれつき脇にアポクリン汗腺という汗腺が存在するのですが、このアポクリン汗腺がワキガの原因です。

一般的にはワキガ臭がする人がワキガ体質だと思われがちですが、どこまでをワキガとするかは2つの要素がポイントになります。

1.アポクリン汗腺が多い

2.ワキガ体質で自分の臭いが原因により生活的困難を感じている人

身体の構造と心理的側面、この2つが合わさって「ワキガ」と判断されます。

それでは人は何故ワキガになってしまうのでしょうか?

ここからはワキガの原因や対策をまとめてご紹介していきたいと思います。

ワキガの原因

ワキガの原因は、脇の下にあるアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺です。

人間の汗には「エクリン汗」と「アポクリン汗」の2種類の汗があり、非ワキガ体質の人は「エクリン汗」、ワキガ体質の人は「アポクリン汗」と呼ばれる汗が出ます。

エクリン汗の成分は99%が水分なのに対し、「アポクリン汗」はタンパク質、脂質、アンモニアなどの成分を多く含み、体の外に出ると同時に細菌が汗を分解するので、独特な臭いが発生するのです。

洗って放置した雑巾が臭いのは、雑菌がついているからですが、仕組みとしてはこれと同じです。

つまり、

「アポクリン汗腺があること」

「アポクリン汗が出ること」

「雑菌はアポクリン汗が好物で、繁殖して分解すること」

この3つがワキガ臭の原因となります。

アポクリン汗腺とは?

アポクリン汗腺とは、汗を出す汗腺です。

非ワキガ体質の人にはアポクリン汗腺は存在しません。

非ワキガ体質の人が汗を出すエクリン汗腺は99%が水分なのに比べて、ワキガ体質の人が汗を出すアポクリン汗腺は脂質、タンパク質、アンモニアなどたくさんの成分が含まれています。

この成分自体が臭いを発生するということも一つの原因ですが、この汗が毛穴から出て雑菌が臭いを分解することも臭いの大きな原因です。

エクリン汗腺からの汗よりもアポクリン汗腺からの汗の方が、遥かに雑菌が繁殖しやすく、分解することで臭いが発生してしまうのです。

関連記事

ワキガ体質と非ワキガ体質の脇臭の違い

アポクリン汗腺は1人1人違う

アポクリン汗腺は脇の下の皮膚にしっかりと貝柱のようにくっついています。

アポクリン汗腺がある範囲や、大きさ、形、色などは人によって違いますが、ワキガ臭の強さとは関係が無いとされています。

アポクリン汗腺は成長する

アポクリン汗腺は体の成長に合わせて活発化したり成長します。

アポクリン汗腺が活発になるのは思春期頃なので、赤ちゃん~子供のうちはアポクリン汗腺があってもワキガ臭はしません。

アポクリン汗腺が活発的になってからワキガ臭となるのです。

また、若いころに手術でアポクリン汗腺を取り除いたりしても、大人になるにつれ高確率でアポクリン汗腺は再発します。

これは、体の成長とともにアポクリン汗腺も成長することを意味しています。

そして、アポクリン汗腺は再生するものなので、手術で吸収をしたり取り除いたりしても、一部が残っていれば再生してしまうのです。

アポクリン汗腺のある場所

アポクリン汗腺がある人は、脇にだけアポクリン汗腺があるわけではありません。

脇、陰部、乳房、耳周辺に集中しているのが特徴です。

脇のアポクリン汗腺は活発で陰部のアポクリン汗腺は活発ではないということもありますので部位によって臭いの差はありますが、ワキガの人は脇だけでなくその他の箇所(チチガやスソワキガ等)も臭っている可能性が非常に高くなります。

自分でできるワキガチェック

自分でワキガの症状に気がつく人もいますが、気がつかない人もいます。

人から指摘されて初めて気がついたというケースも多々ありますので、自分の体質を下記3つのテストでチェックしましょう。

耳垢でワキガチェック

①耳垢が乾燥している

②耳垢が湿っている

③耳垢が湿っていて黄色やキャラメル色

耳垢が乾燥している人はワキガではありません。

耳垢が湿っている人は軽度から中度のワキガの可能性があります。

耳垢が湿っていて色がつく人は重度のワキガの可能性が非常に高いです。

衣服のわきが黄ばむ

衣服の脇の部分が黄ばみませんか?

ワキガではない人は汗をかいても黄ばみません。 ワキガの人だけが黄ばみます。

親戚や家族にワキガの人がいる

親戚や家族にワキガの人がいれば、高確率でワキガの恐れがあります。 ワキガは「遺伝」が原因だからです。

両親ともにワキガの人は80%、父親か母親片方がワキガの場合は50%の子供に遺伝すると言われています。

両親がワキガでなくとも親戚などにワキガの人がいる場合はワキガの可能性も高まってきます。

ワキガの臭いは人それぞれ違う

ワキガではない人の体臭がそれぞれ違うように、ワキガの人の臭いも一人一人違います。

汗を食べる雑菌が、どんなものを栄養にしたかで臭いが異なることもあるので、食べた食事の内容によっていちいちワキガ臭が変化する方も多いのです。

代表的なワキガ臭は以下のものがあります。

長ネギ、玉ねぎ

えんぴつ

カレー

雑巾

ワキガはどのように診断されるのか?

ワキガはどのように診断されるのか

ワキガは医療機関でチェックしてもらうことができます。

チェックの方法は医療機関により様々ですが、基本的にはドクターと助手が脇の臭いを直接嗅いで、ワキガかどうか判断するという方法が用いられています。

ガーゼを脇に1日貼り付け、後日判断するという医療機関もあります。

ワキガを診断してくれる医療機関は3つに分けられます。

皮膚科

形成外科

美容外科・美容形成外科

医療機関により治療方法や手術方法がことなり、料金も大幅に異なるので簡単にご紹介していきたいと思います。

ワキガを診断してくれる医療機関①皮膚科

皮膚科はワキガを診断してくれる医療機関です。

皮膚科では外的な手術ではなく、塗り薬や飲み薬でワキガ対策を進めていきます。

ワキガ手術に抵抗のある方は皮膚科を受診するのがおススメです。

皮膚科で処方されるワキガ対策用塗り薬

皮膚科で処方される塗り薬は、「塩化アルミニウム」が代表的です。

塩化アルミニウムは多汗症の治療にも使われる塗り薬ですが、毛穴に蓋をして物理的に汗の分泌を抑える働きがあります。

最初は毎日のように脇に塗りますが、だんだんと塗る間隔を広げていきます。

1度塗ると2週間位は塗った箇所から汗が全く出なくなります。

汗を抑えることでワキガ臭を抑える試みですが、成分が強いために敏感肌の人や子供の治療には不向きです。

皮膚科で処方されるワキガ対策用飲み薬

皮膚科で処方されるワキガの飲み薬はプロバンサインが一般的です。

抗コリン剤という保険適用内の内服薬で、汗の分泌を抑えてくれる働きがあります。

プロバンサインも飲むと汗が全く出なくなります。

こちらも汗を抑えることでワキガ臭を抑える試みとして処方されます。

ワキガを診断してくれる医療機関②形成外科、美容外科・美容形成外科

形成外科、美容外科・美容形成外科は手術を視野に入れている人におススメの医療機関です。

脇を切開してアポクリン汗腺を取り除く手術や、アポクリン汗腺を吸収する手術などが行われます。

保険が適用されるワキガ手術

基本的に、保険が適用されるワキガ手術は形成外科で受けられる剪除法(せんじょほう)という手術に限られています。

剪除法は両脇で5万円ほどの料金で、診察代込みでも10万円以内で収めることができます。

保険適用外の30~50万かかる手術と比べるとお手軽ではありますが、傷跡やダウンタイムのリスクがあるためドクターとよく相談することが大切です。

関連記事

【ワキガ治療】ワキガ手術の種類と費用、適用保険まとめ

保険が適用されないワキガ手術

美容クリニックでの治療や手術は保険適用外となることの方が多いです。

脇をほんの数センチ開け、そこに管を差し込みアポクリン汗腺を吸収する方法や、メスを使わずに電磁波でアポクリン汗腺を破壊する方法、デトックス注射で一時的に汗をかかなくする方法などがあります。

ただ、吸引法や電磁波での手術・治療はアポクリン汗腺を除去しきれないために、手術をしてもワキガが解消されなかったり、アポクリン汗腺が再発してワキガ臭が再発する可能性が高いと言われています。

デトックス注射は、効果は約3~半年ほどですがほかの手術・治療と同じくらいの費用がかかるのでお手軽とは言えません。

ワキガはうつるの?

ワキガの体質の方と衣類の貸し借りをするとワキガがうつると噂されていますが、ワキガは水虫や病気のように感染しません。

しかし衣類に臭いがうつってしまうことはあります。

ワキガの臭いの原因は汗や細菌ですが、重度のワキガの場合、汗が洋服に染み込んでしまったり、繊維にからめとられてしまうと、洗濯しても臭いがなかなか落ちないことがあるのです。

そういった場合は、ワキガ専用の洗剤や漂白洗浄などで洋服の臭いを落とすようにしましょう。

最近ではワキガ専用のクリーニングなどもあるので、お近くにある方はお願いするのも良いと思います。

また、ワキガ臭が移りやすい洋服などもあるので、自分で「この洋服を着るときは臭いが強いな」と思ったら、もうその洋服や同じような素材の洋服は着ないようにするのが良いでしょう。

ワキガに制汗スプレーやデオドラントが効かない理由

基本的に市販の制汗スプレーやデオドラントは「日本人用」に作られています。

日本人は欧米人に比べてワキガの割合が少ないので、デオドラント製品もワキガ向けというよりは冷やして涼しくしたり、いい匂いがする香料に比重を置いているのです。

そのためワキガの臭いケアが出来ず、「ワキガにデオドラントは効かない」と思い込んでしまいます。

しかし、製品を選べばワキガにきちんと効くものはあります。

関連記事

ワキガ・脇臭の人が使うべきデオドラントの選び方

ワキガ体質を改善する方法はある?

ワキガを自然に無臭にするのはほぼ不可能です。

ワキガを無臭にしようと思えば「手術」で根本的に治すか、「デオドラント製品」と「サプリメント」でワキガ臭を消すという方法しかありません。

しかし、食生活の改善やストレスをためない生活、肥満解消で、重度なワキガを中度にしたり、中度なワキガを軽度にすることは可能です。

ワキガ体質を改善する生活習慣①:
アポクリン汗腺を刺激しやすい食生活はNG

バター・チーズ・牛乳などの動物性たんぱく質や油っこいもの、肉はワキガの原因であるアポクリン腺が刺激され、分泌される汗が増えることになります。

それによりさらにニオイが発生するので上記の食べ物は避けましょう。

他にもニンニクやネギなども臭いの強いものもワキガの臭いと混ざり嫌な匂いを発する原因となるので控えてください。

ワキガ体質を改善する生活習慣②:
ストレスをためない

不安などの精神的ストレスでかく汗と体を動かしたときにかく汗は汗腺が違うのですが、精神的ストレスでかく汗はアポクリン腺からの汗です。

この場合はさらに、脇の匂いを気にすれば気にするほど汗をかいてしまい臭いが強くなってしまいます。

ワキガ体質を改善する生活習慣③:
肥満や隠れ肥満の方は要注意

肥満の方は体温を下げようと汗を多くかく傾向にあります。

その結果汗から嫌な臭いがしてしまうのです。

隠れ肥満の方も同様ですので自分のBMIを測り無理のない程度のダイエットを心がけましょう。

急にワキガになってしまう可能性はある?

基本的にワキガは体質ですから急になることはありません。

しかし、ホルモンバランスの影響によって今まで無臭だった人がワキガになる可能性はあります。

これは妊娠や出産後の女性に多い現象です。

なぜ急にワキガになってしまうのかというと、元々がワキガ体質だったことが原因です。

ホルモンバランスの乱れなどにより元々もっていた体質が顔を出してしまったということになります。

ワキガチェックで当てはまるけど無臭、汗をかいたら少し臭う程度の人は「ワキガ予備軍」です。

ワキガ予備軍の方はホルモンバランスが乱れる産前産後にワキガ予備軍からワキガになります。

授乳が終わってホルモンバランスが元に戻ると徐々にワキガ予備軍に戻る人もいれば、ワキガのままの人もいます。

ワキガ対策~確実にワキガを治す方法~

それではいよいよここからは、確実にワキガを治すワキガ対策を紹介していきます。

先に結論を言ってしまいますと、ワキガを無臭にしようと思えば「手術」で根本的に治すか、「デオドラント製品」と「サプリメント」でワキガ臭を消すという方法しかありません。

当サイトではワキガ手術のようなリスクも無く、金銭的にもはるかに安い、デオドラントとサプリメントでのワキガ対策をおすすめしていますが、ワキガを治すにはどういった方法があるのか、そのメリット・デメリットまで詳しく説明していきます。

ワキガ対策①:手術

ワキガの手術は、ニオイの原因であるアポクリン腺や汗のニオイの原因のエクリン腺、そして皮脂腺を除去することでニオイの直接的な部分にアプローチすることができます。

『一度手術をすれば長い間ワキガから開放感される』という利点から手術をした方、検討している方も少なくありません。

手術は医師が自分の目で部位を見ながら行う「直視下手術法」と、機械を見ながら手術を行う「非直視下手術法」の2つに分けられます。

その中でもいくつか種類がありますので、金額と合わせてご紹介していきたいと思います。

医者が直接部位を見て行う『直視下手術法』

直視下手術法では「剪除法(せんじょほう)」が、現在最も多くの病院で行われている手術方法です。

従来のものと比べると比較的効果が安定しています。

剪除法(せんじょほう)

ワキガの手術-剪除法(せんじょほう)

剪除法の詳細はこちらをご覧ください。

医者が機械を見ながら手術を行う『非直視下手術法』

直視下手術法に比べると、術後の傷あとが目立ちにくい治療法です。

皮下組織吸引法

ワキガの手術-皮下組織吸引法

皮下組織吸引法の詳細はこちらをご覧ください。

超音波吸引(治療)法

ワキガの手術-超音波吸引(治療)法

超音波吸引(治療)法の詳細はこちらをご覧ください。

皮下組織削除法

ワキガの手術-皮下組織削除法

皮下組織削除法の詳細はこちらをご覧ください。

手術は手術別のデメリット以外に、全ての手術に共通するリスクも存在する

今紹介した手術別のデメリット以外に、全ての手術に共通するリスクも存在します。

手術は自分の体を傷つける行為ですからリスクはつきものです。

そのため安易に手術を決めるのはお勧めしません。

以下3つのリスクは抱えなければならないということを念頭に置き、もう1度検討してみましょう。

リスク①・②:傷跡や色素沈着のリスク
傷跡や色素沈着のリスク
傷跡が残りやすい剪除法(せんじょほう)では、縫合技術によっては非常に目立つ跡になることも少なくありません。

かといって傷跡を気にするあまり症状と合わない治療法を選んでしまったら、せっかく手術をしても臭いの元が残ってしまう可能性もあるのです。

また、手術後は炎症によって色素沈着が起こり、脇が黒ずんでしまう可能性もあります。

基本的には時間の経過とともに元の色に戻りますが、場合によっては全体的にシミになったり一部だけシミになることもあるようです。

臭いが取れてもビジュアル面が気になったり、「ワキガだった」とバレたくないという方は、きちんとカウンセリングを受け、信頼できるドクターを探すことから始めましょう。

リスク③:手術したのに、ワキガが治らない場合も…

ワキガ手術の最大トラブルは「手術をしたのにニオイが消えていない」というものです。

高いお金、痛み、傷跡、リスクなどを抱えてこのようなことが起きてしまってはあんまりですよね。

どうしてこのようなことが起こるのかは主に3つの原因があります。

ワキガ手術トラブルの3つの原因

症状と治療法が合っていない

ワキガの臭いは軽度・中度・重度に分けられます。

例えば臭いが重度の方が超音波吸引法を行っても、除去できなかった線から臭いが発せられるため効果がありません。

アポクリン腺などワキガの元の数や範囲、活発性などをきちんとカウンセリングし、自分のワキガにはどの手術方法が合っているのかを詳しく説明してもらうようにしましょう。

無臭になると勘違い

トラブルの中でも一番多いのが、「手術をすれば無臭になるという勘違い」です。

どのような手術でも全ての汗腺を取り除くのは不可能であり、破壊した汗腺の5~10%は再生する場合があります。

しかし、重度の方が重度のままというものでは無く、『重度だったけど制汗スプレーなどでケアすれば臭わない』というケースが多いようです。

ワキガの手術をしても、デオドラントは必要だと思っておくと良いかもしれません。

精神的な思い込み

長い間悩んでいたからこそ「もしかしたらニオイがするかも」という不安から中々逃れられず、人にジロジロ見られたりすると「やっぱりニオイがするんだ!」と思い込んでしまうケースもあります。

この場合、ストレスや不安を抱えることで交感神経が活発化し、エクリン腺から汗が出やすくなり本当にワキガ臭がしてしまうということもあるのです。

不安になったらもう1度クリニックでチェックしてもらうようにすると安心です。

関連記事

【ワキガ治療】ワキガ手術の種類と費用、適用保険まとめ

関連記事

【ワキガ手術失敗事例】ワキガ手術の体験談まとめ

ワキガ対策②:デオドラントでワキガ臭を消す

先ほどご説明した通り、ワキガを無臭にしようと思えば「手術」か「デオドラント製品」と「サプリメント」しかありません。

ワキガに確かな効果のあるデオドラントは、手術のようなリスクも無く、金銭的にもはるかに安いので、すぐにワキガ対策をしたい方や手術に踏み切れないといった方にはベストな選択肢でしょう。

ワキガに確かな効果のあるデオドラント製品として最もお勧めできるのはクリアネオです。

朝使用すれば、夜まで強烈なワキガ臭でも抑えてくれます。

ワキガ専用クリームクリアネオ

モンドセレクション銀賞受賞 ワキガ専用クリームクリアネオ公式サイト↓
モンドセレクション銀賞受賞 クリアネオクリーム
定期価格:4980円(税込)
返金保証:永久返金保証
・わきがの人が欲しいニオイケア商品ランキング第1位
・定期購入縛りもなし

クリアネオは市販のデオドラントと違い「ワキガ専用」に作られているデオドラント商品です。

アポクリン汗腺から出る汗が菌と合わさることで酷いワキガ臭が起こりますが、クリアネオは菌の原因となる汗を抑えるパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。

また、強い殺菌効果で有名なイソプロピルメチルフェノールも配合されており、Wの効果で強烈なワキガ臭でも抑えてくれます。

アポクリン汗腺からの汗を抑える

汗につく細菌を殺菌効果で抑える

この2点でワキガ臭を抑えてくれるという仕組みです。

イソプロピルメチルフェノールは刺激の強い成分なので敏感肌の人はお肌が荒れてしまうこともあるのですが、クリアネオのイソプロピルメチルフェノールは研究が進んだ7つの植物性エキス(柿渋エキス・セージエキス・海藻エキスなど)を使用しているので、肌荒れの心配もありません。

また、欧米用のワキガ専用デオドラントはデオドラント自体強烈な香りがするものが多く日本人の多くが好む匂いではありませんが、クリアネオは無香料なので香りの心配も要りません。

そして、クリアネオをおススメする理由は「金額返金永久制度」があるからです。

市販のデオドラントは効果が無くても返金してくれませんが、クリアネオは効果がない場合は全額返金してくれます。

今まで市販のデオドラント製品が利かなかった方でも、試してみる価値は十分にある商品ですので、「お金は返ってくるから試してみよう」という気持ちで是非試してみてください。

クリアネオの口コミについてはこちらの記事をご覧ください。

ワキガ対策③:サプリメントでワキガ臭を消す~皮脂腺と食事の関係~

皮脂腺が酸化すると臭いが強くなる

実は、ワキガの手術ではワキガの原因であるアポクリン腺と『皮脂腺』を除去してワキガを改善します。

この皮脂腺というのは脂肪酸が含まれているため、空気に触れて酸化するとワキガの臭いを助長してしまうため手術で除去してしまうのです。

皮脂腺が酸化すると臭いが強くなる

皮脂腺は毛1本に対し1つありますが、これが発達しているかどうかがワキガの助長に大きく関わってきます。

皮脂腺が発達していればしているほど酸化することでワキガの臭いが強くなりやすいのです。

アポクリン腺を改善するには手術かデオドラントしかありませんが、皮脂腺を改善する方法は他にもあります。

皮脂腺を改善することにより、ワキガの臭いが重度から中度に減ったという報告や、軽度だったワキガが無くなったという人もいるほどなので、ワキガに悩んでいる方はこの皮脂腺の改善を見逃すわけにはいきませんね。

クリアネオでワキガ臭を抑えながら、皮脂腺を改善していくことがワキガを治す最良の方法となります。

皮脂腺を活発化させないためには日常生活でもとくに食生活が非常に重要です。

肉の脂身や油っぽいもの、チーズなどが好きな人は皮脂腺を活発化させてしまっています。

また、酸化することでニオイが悪化するので、酸化を防ぐ抗酸化作用のあるものを取り入れるのが良いでしょう。

果物ではトマトやリンゴ、スイカなどに高い抗酸化作用があります。

薄味の和食を取り入れたり、抗酸化作用のあるサプリメントや制汗作用のあるサプリメントを取り入れて皮脂腺の活発化を防ぎましょう。

抗酸化作用・制汗作用のあるサプリメントとして最もお勧めできるのは『アセッパー』です。

ASEPPER(アセッパー)

【ASEPPER(アセッパー)】公式サイト↓
アセッパー

アセッパーは「体の中から汗やニオイにアプローチ」してくれるサプリメントです。

トマトやリンゴ、スイカなど抗酸化作用のある栄養素はもちろん、嫌な臭いを中和してくれるマッシュルームエキスや緑茶エキス、柿渋エキスなど、酸化と嫌なニオイにアプローチする成分がぎっしりと詰まっています。

アセッパーの良いところは、汗を抑えるだけでなく、ワキガや加齢臭、口臭にも効果があるところです。

体に取り入れることで体質を改善していくことができるので、漢方のように原因が解決するまで摂取していれば、商品が必要なくなるという未来も起こり得ます。

また、アセッパーは自然な食べ物に着目したサプリメントなので薬のように副作用の心配がありません。

日本製で無添加なので安全に使用することができます。

汗・臭いともにアプローチが出来て、薬のように依存性もなく手術のようにリスクもありません。

体に有害なものは一切使われていないので、酸化を防ぎ、皮脂腺の活発化を防ぐためにとても有効なサプリメントです。

厳選した野菜や果物を選んでいるので、野菜不足な方にもオススメです。

【ワキガの原因と対策】確実にワキガを治す方法まとめ

ワキガの原因は以下4点にあります。

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺から出る汗

汗分解する雑菌

臭いを強くする皮脂腺

ワキガ手術をすれば4つとも対応できるので、ワキガ臭とさよならできるかと思いきや、手術と言っても再発の可能性が非常に高く、それなのに代償性発汗などのリスクが付いて回るので、ワキガ手術をするかどうかは今後の人生においても大きな課題となります。

ワキガ専用デオドラントクリーム「クリアネオ」で外側からのワキガケア、制汗効果が期待できる「アセッパー」で内側からのワキガケアをまずは実行してみてくださいね。

ワキガでお悩みの方は是非参考にしてください。

クリアネオの体験談レビューはこちら

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top